朴東明 博士が知識人の役割を強調し、本の執筆をお勧めします。

本の執筆の経験と技術を共有する空間です。

   大韓民国を感動させなさい  

政治、経済、社会、文化、芸術などの全領域で感動必要

 

この地に生きる人々は、すべての知識人だと思います。

 

多くの知識を持っている人だけでなく、

学歴や経歴が華やかな人だけが、決して知識人ではなく、

人生の旅を通して経験した知識や技術、歴史、文化、各種活動などが蓄積されている

すべての人が「知識人」だと思います。

 

そのような意味で

今まで生きてきた道を振り返って、

自分が書いた本をハングォンシク持つ秋になってほしい。

 

少なくとも人生の最後の瞬間まで

3冊の本を伸ばしてなければならないでしょう?

第一は   随筆集、

第二は、自伝、

第三は、自分の専攻や経験、職業や職場の仕事などに関する専門書です。

 

1人1本以上の本を出版しように助けること...

私もこのような運動を展開してエッセイと自伝を準備し、

これで、この仕事を始めてみようと思います。

 

私は「私の人生を感動させて、私たちの大韓民国、神(創造主)を感動させなさい」は、

歴史的使命を帯びて、この地を生きていきます。

この召命、社会的責任を果たすことができるよういたします。

朴東明 博士の講義の要求は、電子メールや携帯電話のテキストメッセージを介して行うことができている。

メール donngseoul10@gmail.com

電話  010-7579-5959(文字メッセージ)

朴東明 (バクドンミョン) 作家紹介

姓名:朴東明 (バクドンミョン)

学位:法学博士
勤務處:ソウル特別市庁 オンブズマン(ソウル市長直属)
(兼職:国民大学外来教授、大韓民国政府 統一部 教育委員)

主な活動


公職経験をもとに執筆作業と講演活動に没頭している。
著述を通じた社会啓蒙運動に関心を持っている。
政治改革と発展にも関心を持っており、これを注意深く見ている。
 
                        
研究室:+8201075795959(携帯電話)
e-MAIL:dongseoul10@gmail.com

学 歴


法学博士(国立全南大学大学院)

成均館大学大学院卒業(社会福祉政策専攻)

成均館大学大学院行政博士修了

法学、社会福祉、行政複数専攻

 

団体の代表


「公職者の専門知識の向上著書持つ運動本部(共著本)会長

 

 

主な経歴


1.女性の権益向上活動(女性問題に関心を持った男性の学者)

 

バクドンミョン博士は、2000年初めに「大統領直属の女性特別委員会講師(男女差別改善やセクハラ予防教育)」で活動し、全南大学などをはじめとする大学で「女性と法 "教科を1学期間の講義した。特に女性をめぐる法律問題を中心に、「女性と法」という本を出版しており、この本で全国公務員文芸大戦賞、ソウル特別市長賞などを受賞した。

また、CBS放送で生放送に進行された「クリックCBS」のプログラムに毎週月曜日出演して、女性と家庭の法律問題を解説し、相談したりした。

2.社会改革運動

 

2000年代光州全南地域のマスコミの問題や社会問題に関心を持ち、市民団体の動きを開始した。

2003年には光州全南民主言論運動市民連合(民言連)議長を務め、地域メディアのモニタリングを通じた公正な報道を主張し、一方では、健全な地方マスコミの発展のための活動を展開したりした。

そしてPBC放送」とする世界では、今日の "に出演(毎週木曜日)して、時事論評、メディア批評などを通じて、地域社会の改革を通じて、健全な社会になることを夢見てきた。

 

3.公務遂行(行政家、公務員)

 

盧武鉉政権の発足とともに、オープン公務員制度が導入され、光州広域市の議会とソウル特別市の議会専門委員で勤務しながら、行政家としての役割を果たした。

専門委員として活動しながら、ソウル市の女性、福祉、保健分野の業務のための予算、決算、自治法規を検討して審査する役割をした。

そして「社会的に弱く難しい人のために働くハゲトノラ」と告白していた、私の「信仰の告白」を一定部分実践しようと努め送ることもあった。

 

 

4.大学の講義

 

私の一生に大きな喜びがある場合は、大学の講義をしながら若い学生と交流できる機会を持つことができたという点である。

1998年法学博士号を取得し、1999年から全南大、朝鮮大、グァンジュデなど積極的に講義をしており、2007年以降にソウル市議会で専門委員(公務員)に勤務しながらも嘉泉大学、公立大学に出講(ソウル市場の兼職許可)して現在に至っている。

講壇に立ついつも力が出る。

私の言葉を聞いてくれる学生の瞳から大きな期待を発見する。

これから大学の講義は着実にしようとしている。

 

5.様々な公務遂行と著述活動

 

神は公務員退職後の、自治体決算検査委員をはじめ、悔しい人々の内容を聞いてくれて、これを調整し、仲裁して与えることができる「オンブズマン」、「公益監査委員」としての役割を任せてくださった。非常に意味のある活動である。

また、住民の参加を強調しながら、「京畿道住民参加予算委員、企画管理委員長」、「試合教育住民参加協議会委員、行政制度改善委員長」など、様々な経験をすることにされた。

特に国会議員選挙に挑戦して、失敗した経験も味わうた。

 

人生はどうせいくつかの問題を解決し、迫ってくる危機を克服する過程だと思う。

これを基に、多数の著書を準備し、講演に夢中になっている。